KKRホテル広島では、広島市内でのホテルのご用命やご宿泊法事、ご宴会場、会議室、レストラン・コーヒーハウスなどを取り揃えてお客さまをお待ちしております。広島市内のホテル・ご宿泊はKKRホテル広島

■ 絵下山・天狗城山
ブログ投稿者:
投稿年月日:2017年9月16日
こんにちは、KKRホテル広島の高橋です。

いや~、今日でカープ優勝が決まるんでしょうか。広島市内は現在小雨ですが、試合は何とか出来そうな感じ。明日は台風直撃っぽいので、ぜひ今日試合をやったうえで、勝って決めて欲しいですね!

さて、ここからはいつものブログです。

先日のお休み、広島市安芸区の絵下山(えげさん)に登ってきました。

絵下山は展望が良く、山頂へは車でも行けるので夜景スポットとしても有名です。

IMG_7354.jpg

広島駅から熊野方面の行きのバスで40分ほど、矢野天神というバス停で下車。

IMG_7356.jpg

バス停から100mほどの団地へと続く坂道を登ります。坂の入り口には絵下山登山道の標識あり。

IMG_7362.jpg

広島熊野道路を跨ぐ赤い歩道橋(鷹ノ宮陸橋)を渡ったところが登山道入り口になります。

IMG_7363.jpg

さあ、登山スタート!

IMG_7367.jpg

まずはなだらかな勾配の山道を進んでいきます。

IMG_7368.jpg

栗がたくさん落ちていました。秋を感じる一コマ。

気温も随分下がって登山には適した季節になりました。

IMG_7373.jpg

15分ほどでお馬屋敷跡という看板がありました。

この辺りには矢野城という山城があったそうで、馬を繋げておく小屋があったのでしょう。

IMG_7374.jpg

お馬屋敷跡からすぐ、ここが矢野城跡です。

このルートは史跡が多く、歴史好きの方は楽しめると思います。

IMG_7383.jpg

矢野城址から10分ほどで野間神社。

IMG_7385.jpg

野間神社のそばにあった岩穴。祠でしょうか?中には食器類などが散乱していてちょっと不気味な感じ。

IMG_7391.jpg

発喜山(ほっきさん)の看板。

ここがピークだったんでしょうか。特に何もありません。

IMG_7399.jpg

ここまで来れば絵下山の山頂まではあと少しのはず。

そう思えば階段を登る足取りも軽やかです。

IMG_7404.jpg

登山開始から1時間15分ほどで絵下山山頂に到着!

山頂は公園として綺麗に整備されています。

登山道では人に会いませんでしたが、山頂には他にも何グループかいらっしゃいました。

ここに来た方法は皆それぞれで、私と同じように登山の方もいらっしゃれば、車で来たグループや自転車の方もお見かけしました。

IMG_7407.jpg

山頂からは市街地と瀬戸内の島々を一望。素晴らしい眺めです。

IMG_7411.jpg

ここで食べるおむすび&おかずセット(298円)は格別!

IMG_7413.jpg

さて、下山開始と思って車道を少し進むと、展望台まで100mの看板。

IMG_7415.jpg

看板どおりに進むと東屋がありました。

IMG_7418.jpg

お~、ここからの眺めもなかなか。

IMG_7414.jpg

100m引き返して、改めて下山開始。

IMG_7420.jpg

下山ルートは良く整備されています。

IMG_7426.jpg

古そうな石柱がありました。

「大正十三年」「海軍省」という文字が読めます。

IMG_7427.jpg

展望良好な岩場があるとのことで寄り道して行ってみることに。

IMG_7429.jpg

展望良好な岩場からの眺め。

山の向こうに市街地が続きます。紅葉の時期はきれいでしょうね。

IMG_7430.jpg

子の岳(504m)のピーク。

IMG_7436.jpg

この辺りの道は中国自然歩道として整備されており、大変歩きやすいです。

IMG_7437.jpg

ごくごくシンプルな市光山(493m)の看板。

IMG_7438.jpg

また石柱があって、今度は「陸軍省」の文字が。

この辺りは旧日本軍にとって重要地域だったのかもしれません。

IMG_7443.jpg

二艘木という名の分岐を過ぎてすぐ、このまままっすぐ行けば小屋浦の集落に出てJRで帰れるはずです。

私もそのルートで帰るつもりでしたが、ここで天狗城山まで2kmの看板を発見!

体力的にはまだ余裕があったので、ちょっとした冒険心で行ってみることにしました。

IMG_7444.jpg

10分ほどで「奥天狗」と言われる小松尾山到着。

ここまでは余裕でした。

IMG_7447.jpg

ただ、ここから先が長かった!

明らかに先ほどよりも手の入っていない山道。クモの巣だらけです。

さっきまでの整備された道が恋しいよ~

IMG_7448.jpg

いつの間にか呉市に入っていたみたいです。

IMG_7449.jpg

荒れた山道を進んで、

IMG_7450.jpg

中天狗まで来ました。

IMG_7456.jpg

ここからはラストスパート!

天狗城山を目指します。

IMG_7457.jpg

振り返ると先ほど通った中天狗。

IMG_7466.jpg

苦労しながらも天狗城山までたどり着きました!

いや~、軽い気持ちで来てはいけませんね。

IMG_7465.jpg

山頂にあった誰かのタイムカプセル。

そういえば、その昔私もタイムカプセルを埋めた記憶がありますが、掘り起こしてませんね~

一休みして天狗城山から下山開始。

IMG_7467.jpg

下山開始してすぐ、山頂近くの岩から呉市天応の街を見下ろします。遠くには呉の造船ドックも見えます。

IMG_7473.jpg

しかし、天狗城山からの下山がこれまたしんどかった!

こんな感じの急勾配の岩場が続きます。

IMG_7474.jpg

ロープやはしごも使いながらのとってもスリリングな下山となりました。

ルートも分かりづらいので、道を外れて引き返したことも何度か。

そんなこんなで街はすぐそこに見えるのになかなかたどり着きません。

IMG_7478.jpg

天狗城山の下山は小1時間かかったでしょうか、人里に続く階段が現れた時は心底ほっとしました。

IMG_7480.jpg

天狗城山登山口にあった案内板。

IMG_7481.jpg

ロッククライミングではありませんが、なかなかスリリングな体験でした。

IMG_7484.jpg

帰りはJR呉線で。

天狗城山の登山口からは呉ポートピア駅の方が近かったはずですが、下山中ずっと眺めていた天応の街を歩きたくて、天応駅から乗ってみました。なかなか趣のあるいい駅舎です。

駅の窓口ではこれからスタジアムに応援に行くであろう、緒方監督のユニホームを着たおっちゃんが駅員さんとカープ談義に花を咲かせていました。

今回の登山ですが、絵下山の眺望は今まで登った山の中で一番でした。山頂は車やバイクでも訪れることが出来るので、ぜひ行ってみてください。

天狗城山は、ちょっと調子に乗ってしまいましたね。少しぐらい余裕があっても当初の計画通りまっすぐ帰るべきでした。

でもいい教訓になりましたので、これからは調子に乗らず慎重に、計画性をもって登山を楽しみたいと思います。



スタッフブログの最新記事はこちらから

KKR宿泊施設は国家公務員共済組合連合会が組合員等の利用を目的として運営しています。組合員等の方はチェックインの際に組合員証等をご提示ください。