KKRホテル広島では、広島市内でのホテルのご用命やご宿泊法事、ご宴会場、会議室、レストラン・コーヒーハウスなどを取り揃えてお客さまをお待ちしております。広島市内のホテル・ご宿泊はKKRホテル広島

■ 経小屋山
ブログ投稿者:
投稿年月日:2017年10月28日
こんにちは、KKRホテル広島の高橋です。

先日、宮島の対岸にある経小屋山(きょうごやさん)へトレッキングに行って来ましたので、今回はその模様をレポートしたいと思います。

IMG_7760.jpg

経小屋山の登山ルートはいくつかあるのですが、今回は宮浜温泉という温泉街の中にある登山口を目指しました。

JR山陽本線大野浦駅から歩くこと30分、有名な高級旅館の横に看板が出ていました。

ちなみに同じ看板にある「残念社」とは、何だろうと思い調べてみると、

残念社・・・長州戦争の最中、軍使として長州軍の軍営に向かい、誤って狙撃された幕府軍の丹後宮津藩士・依田伴蔵の祠です。 死の間際の言葉が「残念」だったことから残念社と名付けられました。(廿日市市ホームページより)

だそうです。

残念社だけに大変残念ですが(これが言いたかっただけ)、今回はスルーして経小屋山へ。

IMG_7763.jpg

坂道を上がって行き、民家が途切れたところにコースの入り口があります。

IMG_7769.jpg

かなり急な登りもありますが、危険な箇所は少なかったと思います。

IMG_7771.jpg

ところどころ岩肌が露出しているのは、2度の山火事にあっているためだそうです。

IMG_7772.jpg

カマキリ発見!

カマキリの色にも秋の深まりを感じますね。

IMG_7776.jpg

登山開始から20分ほど、標高270m地点で一休み。

IMG_7777.jpg

宮島を望む絶景が広がります。

IMG_7783.jpg

しばらく進むと展望岩なる突き出た岩がありました。

IMG_7785.jpg

おそるおそる岩の上に立ってみましたが、めちゃくちゃ怖い!

写真を1枚撮るのがやっとでした。

IMG_7789.jpg

さらに進むと妹背の滝ルートとの分岐があります。ここまで来れば頂上まではもうすぐ。

IMG_7791.jpg

登山開始から1時間ちょっとで山頂に到着!

山頂は公園としてきれいに整備されていました。車道もあるので、車でも来られるようになっています。

IMG_7797.jpg

ありました、596.6mの三角点!

しかし山頂では休憩せずに、すぐに下山口へ引き返します。

IMG_7798.jpg

何故かと言うと、どなたかが教えてくれた景色最良の展望台に向かうためです。

IMG_7802.jpg

展望台はすぐにありました。

IMG_7804.jpg

お~、ここからなら宮島の大鳥居もバッチリ見えます!

IMG_7803.jpg

ここでお昼の休憩。

今日はおにぎり2個とシーフードヌードル。そろそろ温かいものがいいだろうと思ったので。

お湯を沸かす器具を持っていないので水筒に入れてきた熱湯で作ったのですが、美味しく出来て良かったです。

ここで別方向から登って来た他の登山者の方に話しかけられて、情報交換したりしました。まだまだ初心者ですが、同じ仲間として認められたようで嬉しかったです。

IMG_7806.jpg

下りは妹背の滝ルートで。ロープを使う場面などもありましたが、基本的には登りの時よりも勾配は緩やか。

IMG_7813.jpg

こんな橋?を渡ったり、

IMG_7816.jpg

ぐちゃぐちゃにぬかるんだ道もありましたが、

IMG_7818.jpg

下山開始から1時間ほどで車道に出ました。

ここからは妹背の滝を見に行くことに。

IMG_7820.jpg

車道を少し進むと、妹背の滝へ入り口を示す看板があり、坂道を下ると、

IMG_7823.jpg

ありました、これが妹背の滝です。

IMG_7824.jpg

目の前でみると大迫力!落差30mの豪快な滝でした。

正直あまり期待していなかったのですが、来て良かった!

IMG_7831.jpg

滝から川沿いを進むと、大頭神社という神社へ抜けました。

IMG_7833.jpg

大頭神社の背後にはもう一本滝があり、先ほどの豪快な方が雄滝(おんだき)と呼ばれているのに足して、こちらは雌滝(めんだき)と呼ばれています。

う~ん、こちらもなかなか風情があっていいですね。写真愛好家の方も何人かいらっしゃってこの滝を撮っていました。

ここからまた30分ほど歩きで大野浦駅へ戻り、無事帰宅。

今回は気候もちょうど良く、見どころも多かったので楽しい登山になりました。特に登りの宮浜温泉ルートは景色が素晴らしく、きついと感じることもありませんでした。

前回の登山から1ヶ月近く空きましたが、やっぱり山はいいなあと再認識した次第です。今シーズンあと何回登れるか分かりませんが、めいっぱい山を楽しもうと思います。


スタッフブログの最新記事はこちらから

KKR宿泊施設は国家公務員共済組合連合会が組合員等の利用を目的として運営しています。組合員等の方はチェックインの際に組合員証等をご提示ください。