KKRホテル広島では、広島市内でのホテルのご用命やご宿泊法事、ご宴会場、会議室、レストラン・コーヒーハウスなどを取り揃えてお客さまをお待ちしております。広島市内のホテル・ご宿泊はKKRホテル広島

武田山・火山
ブログ投稿者:
投稿年月日:2017年11月 8日 |
こんにちは、KKRホテル広島の高橋です。

先日のお休みの日、またまた趣味のトレッキングへ。

今回は近郊の山、安佐南区の武田山と火山(ひやま)に登って参りました。

まずはJRで広島駅から13分の可部線下祇園駅へ。

IMG_7861.jpg

っていきなりラーメンの写真ですが、間違いじゃありませんよ。

山登りの前にラーメンで腹ごしらえ。

IMG_7860.jpg

お店は市川商店さん。下祇園駅から5分ぐらいです。

すっきりとした大変美味しいラーメンでしたが、今日は山登りのブログですので、先を急ぎます。

まずは武田山の登山口を目指します。

登山ガイドによれば下祇園駅から徒歩で30分程度とのこと。

IMG_7864.jpg

ここは駅から20分ぐらい歩いただけの場所ですが、すっかり里山の雰囲気。

IMG_7867.jpg

こんな物騒な看板も出ていたりして。

IMG_7869.jpg

武田山の登山口はすぐに見つかりました。親切な案内板もあります。

さあ、登山スタート!

IMG_7874.jpg

まずは杉の木立の中を進みます。

この辺りはまだパトカーや消防車のサイレンが聞こえたりして、まだ街に近いことが感じられます。

IMG_7875.jpg

木馬道跡。

武田山には銀山城という山城があった山なので、馬も山道を通っいたんですね。

IMG_7878.jpg

赤い木の実?と思ったら、

IMG_7879.jpg

何故か「さるぼぼ」がぶら下げてありました。

IMG_7882.jpg

登山口から20分ほど、馬返しからの景色。

IMG_7883.jpg

馬返しの名前のとおり、ここから先は馬を使えないぐらい険しくなっています。

IMG_7888.jpg

御門跡。かつてはここに城門があったそうです。

IMG_7887.jpg

城門跡からの景色。霞んでいたのが残念。

IMG_7889.jpg

ここまで来れば、山頂まであと僅か。

のはずなんですが、、、

ここでわいわいがやがやと、上の方が何とも賑やか。

それでも先に進むと、小学校3、4年生ぐらいの団体に遭遇。三滝山の時もそうでしたが、今小学校の遠足シーズンなんですね。

これも近郊の山ならでは。

何せ人ひとり通るのがやっとの山道ですから、追い越すにも追い越せないですし、頂上までは相当時間がかかりそうと判断。

そんなわけで武田山の山頂は小学生達に譲り、火山(ひやま)に目的地を変更です。

IMG_7890.jpg

山頂の手前から火山方面へ方向転換。ちょうどいいショートカットの道もありました。

IMG_7892.jpg

弓場跡がありました。これも山城の名残ですね。

弓もあるので、矢を射ることもできますよ。

IMG_7894.jpg

全体的に紅葉にはまだ少し早い感じでしたが、場所によってはかなり色づきが進んでいるところも。

IMG_7902.jpg

のこぎり、列岩体、ため池、と気になるワード満載ですが、まずは火山山頂を目指します。

IMG_7909.jpg

火山の山頂に着きました!

そっけない山頂標識ですが、標高は武田山(411m)よりも上ですね。

IMG_7915.jpg

山頂から5分ほど下った場所に景色の良い岩畳がありましたので、ここでおやつタイムにします。

IMG_7920.jpg

広島駅近くで買ってきた揚げパンと焼きそばパン。

景色の良い場所で食べるおやつは最高ですね。

IMG_7924.jpg

さて、ここからは下山にとりかかります。

武田山と言い、火山と言い、道はよく整備されており、歩きやすかったです。

下山途中で道の整備をしているおじさんに出会い、「わしが岩を置いてるけえ、歩きやすかったじゃろ。」とのこと。

いやほんと、こういう方々のおかげで我々が安全に山歩きを楽しめるんですね。感謝です。

IMG_7933.jpg

そろそろ下山口というところで溜池記念碑を示す矢印が。先ほどの看板の「ため池」とはこれだったのか!

IMG_7935.jpg

昭和14年に大日照りがあり、土地所有者の方が県の補助を受けここに溜池を整備した、というような説明書きがありました。

IMG_7936.jpg

今では草木が生い茂っていて、言われないとここが溜池だとは分かりません。

IMG_7939.jpg

畑が広がる大原地区に出て、下山終了。今回はトータル3時間の山行でした。

下山口からアストラムライン大原駅までは20分ほど。アストラムラインとJRを乗り継いで帰宅。

武田山、火山とも市内から気軽に行けるいい山でした。思い立ったらすぐ行けるのがいいですよね。

今回、山頂に立てなかった武田山はいつかリベンジしたいと思います。
三江線
ブログ投稿者:
投稿年月日:2017年11月 2日 |
KKRホテル広島の上真です。

三江線が来年春に廃線になりますので、最後のお別れをしました。

三次市作木町出身の私は学生時代大変お世話になっていました。

式敷駅から江津駅まで往復してまいりました。

291102_a.jpg

今は全国から鉄道ファンがおしかけており、興味があるかたは曜日や時間を考えて計画をしてください。

私は青春18きっぷの期間を外して10月4日の平日に利用したため、往復座席に座れました。

下は、天空の駅 宇都井駅から見た風景です。

291102_b.jpg

291102_c.jpg

式敷駅を10時30分頃出発、途中石見川本駅に12時頃の到着で約1時間半の昼休憩が有ります。

川本駅周辺には、レストランや食堂も有り昼食の心配はいらないと思いますが、心配性の私は念のためおにぎり持参でまいりました。

江の川側から見た川本駅の風景

291102_d.jpg

川本駅を午後1時45分に出発した車内、ご覧のように閑散としています。実は川本駅から大勢のバスツアーのお客さんが下車された事で席に余裕が出来ました。

291102_e.jpg

江津駅に近づくと橋の向こうに日本海がみえてきます。

291102_f.jpg

江津駅に着きました。

291102_g.jpg

291102_h.jpg
経小屋山
ブログ投稿者:
投稿年月日:2017年10月28日 |
こんにちは、KKRホテル広島の高橋です。

先日、宮島の対岸にある経小屋山(きょうごやさん)へトレッキングに行って来ましたので、今回はその模様をレポートしたいと思います。

IMG_7760.jpg

経小屋山の登山ルートはいくつかあるのですが、今回は宮浜温泉という温泉街の中にある登山口を目指しました。

JR山陽本線大野浦駅から歩くこと30分、有名な高級旅館の横に看板が出ていました。

ちなみに同じ看板にある「残念社」とは、何だろうと思い調べてみると、

残念社・・・長州戦争の最中、軍使として長州軍の軍営に向かい、誤って狙撃された幕府軍の丹後宮津藩士・依田伴蔵の祠です。 死の間際の言葉が「残念」だったことから残念社と名付けられました。(廿日市市ホームページより)

だそうです。

残念社だけに大変残念ですが(これが言いたかっただけ)、今回はスルーして経小屋山へ。

IMG_7763.jpg

坂道を上がって行き、民家が途切れたところにコースの入り口があります。

IMG_7769.jpg

かなり急な登りもありますが、危険な箇所は少なかったと思います。

IMG_7771.jpg

ところどころ岩肌が露出しているのは、2度の山火事にあっているためだそうです。

IMG_7772.jpg

カマキリ発見!

カマキリの色にも秋の深まりを感じますね。

IMG_7776.jpg

登山開始から20分ほど、標高270m地点で一休み。

IMG_7777.jpg

宮島を望む絶景が広がります。

IMG_7783.jpg

しばらく進むと展望岩なる突き出た岩がありました。

IMG_7785.jpg

おそるおそる岩の上に立ってみましたが、めちゃくちゃ怖い!

写真を1枚撮るのがやっとでした。

IMG_7789.jpg

さらに進むと妹背の滝ルートとの分岐があります。ここまで来れば頂上まではもうすぐ。

IMG_7791.jpg

登山開始から1時間ちょっとで山頂に到着!

山頂は公園としてきれいに整備されていました。車道もあるので、車でも来られるようになっています。

IMG_7797.jpg

ありました、596.6mの三角点!

しかし山頂では休憩せずに、すぐに下山口へ引き返します。

IMG_7798.jpg

何故かと言うと、どなたかが教えてくれた景色最良の展望台に向かうためです。

IMG_7802.jpg

展望台はすぐにありました。

IMG_7804.jpg

お~、ここからなら宮島の大鳥居もバッチリ見えます!

IMG_7803.jpg

ここでお昼の休憩。

今日はおにぎり2個とシーフードヌードル。そろそろ温かいものがいいだろうと思ったので。

お湯を沸かす器具を持っていないので水筒に入れてきた熱湯で作ったのですが、美味しく出来て良かったです。

ここで別方向から登って来た他の登山者の方に話しかけられて、情報交換したりしました。まだまだ初心者ですが、同じ仲間として認められたようで嬉しかったです。

IMG_7806.jpg

下りは妹背の滝ルートで。ロープを使う場面などもありましたが、基本的には登りの時よりも勾配は緩やか。

IMG_7813.jpg

こんな橋?を渡ったり、

IMG_7816.jpg

ぐちゃぐちゃにぬかるんだ道もありましたが、

IMG_7818.jpg

下山開始から1時間ほどで車道に出ました。

ここからは妹背の滝を見に行くことに。

IMG_7820.jpg

車道を少し進むと、妹背の滝へ入り口を示す看板があり、坂道を下ると、

IMG_7823.jpg

ありました、これが妹背の滝です。

IMG_7824.jpg

目の前でみると大迫力!落差30mの豪快な滝でした。

正直あまり期待していなかったのですが、来て良かった!

IMG_7831.jpg

滝から川沿いを進むと、大頭神社という神社へ抜けました。

IMG_7833.jpg

大頭神社の背後にはもう一本滝があり、先ほどの豪快な方が雄滝(おんだき)と呼ばれているのに足して、こちらは雌滝(めんだき)と呼ばれています。

う~ん、こちらもなかなか風情があっていいですね。写真愛好家の方も何人かいらっしゃってこの滝を撮っていました。

ここからまた30分ほど歩きで大野浦駅へ戻り、無事帰宅。

今回は気候もちょうど良く、見どころも多かったので楽しい登山になりました。特に登りの宮浜温泉ルートは景色が素晴らしく、きついと感じることもありませんでした。

前回の登山から1ヶ月近く空きましたが、やっぱり山はいいなあと再認識した次第です。今シーズンあと何回登れるか分かりませんが、めいっぱい山を楽しもうと思います。
釣り同好会活動報告
ブログ投稿者:
投稿年月日:2017年10月22日 |
釣り同好会の上真です。

今月12日に釣りを楽しんでまいりました。

午前6時30分の出船で11時30分納竿。

291022_a.jpg

船頭さんの活躍により成果はご覧のとおりです。

291022_b.jpg

最新の締め方で鮮度を保ち自然の恵みを美味しくいただきます。

291022_c.jpg
負けました・・・
ブログ投稿者:
投稿年月日:2017年10月21日 |
こんにちは、KKRホテル広島の高橋です。

いやー、昨日はカープ負けちゃいましたねー

私は運良くチケットが当たったので観に行ってたんですが、拙攻続きで見せ場なく終了・・・

5回終了後のスライリー登場の時が一番盛り上がっていました(笑)

でもまだ五分になっただけです!

残りの試合はテレビの前でしっかり応援したいと思います!

IMG_7694.jpg

IMG_7710.jpg

IMG_7717.jpg
< 1  2  3  4  5  6  7

KKR宿泊施設は国家公務員共済組合連合会が組合員等の利用を目的として運営しています。組合員等の方はチェックインの際に組合員証等をご提示ください。